白米のZ/X~徒然語~

白米(@HaKu_Mai25)が書き綴るZ/Xブログ。CSの参加記とかヴェスパローゼとかの緑系デッキ構築が9割。

第98回 新システム搭載ク・リト

f:id:s-a-online-sinon:20210224170942p:plain

ついこの間ようやく5世界すべての色のデッキが完成しました。
2年前なんてヴェスパローゼとろくに回し方もわからない序曲しかなかったのに、気づけばこんなことに。
その分腕も上がっていればといいなと切に願っています。
どうも、最後の1枠はフォスフラムにした白米です。
ただ回し方がいまいち理解できていないので誰か教えてください。

今回もまた前回予告を裏切っていきます
その裏切って書く内容はアルターブレイク採用型ク・リト”です
当然僕はク・リトのデッキなんて持ってないので、他者から構築をいただきました。
皆さんもご存じ、3回目の登場となるダァです。
デッキ紹介前にまずはさらっとアルターブレイクについておさらいしましょう。
皆さんすでにご存じだと思いますが
・盤面の特定のカードを
・エクストラの専用イベント(召喚権)を使い
・手札の特定のカードに変換する効果

DMでいうところの革命チェンジとニンジャ・ストライクみたいなもんです。
それか少々特殊な電影とでも思ってください。
もちろん表記の通り自ターンではディンギル・ウェイカー・イデアライズ・イデアドライブの権利と、相手ターン中ではイデアドライブ権と重複するので使い方には気を付けましょう。
ではそのク・リトのアルターブレイクとはいったい何なのか見ていきましょう

ク・リトのアルターブレイク

アルターフランジール アスツァール

f:id:s-a-online-sinon:20210216112531j:plain

おそらく全パートナー共通で配られる名称持ちLR枠。
トラッシュからの回収ができるため後述するブレイク先を手札に戻すことができる点が個人的にいいと思います。
状況に応じて誓いも拾えるので役割は広い。

超越者【尊大】アスツァール

f:id:s-a-online-sinon:20210216112545j:plain

ブレイク先の姿。
キーの数に応じたコスト・パワー上昇、そして起動効果で展開と強烈な効果をもっています。
フォースを使用するため起動効果による展開は1回だけですがコスト6以下になるよう展開できるためバリューはとても広く手札次第では後手なら3ターン目に誓うことも可能になります。

ク・リトというデッキが元々ノルデンやイデアをあまり使わずシフトを多用するデッキのためブレイクを行うことによる影響がほかのデッキに比べそこまで大きくないのも魅力であると考えます。

※画像はどちらもフリーペーパーに掲載されたものより

デッキ内容

f:id:s-a-online-sinon:20210216112857j:plain
↑デッキ内容は2/11時点のもの

LR枠を全て新規アスツァールに変更、そしてアルターブレイク3枚積むような構築になりました。
アルターブレイク3枚については他のク・リトを使っておられる人たちも3枚でしたのでこれぐらいになるのかなといった印象です。

ほか構築の変更点としてはニョグサが抜け、”持てる者の愉悦 アスツァール”を組み込んでいます。理由としてはつい先月発売のB35想星<キュレーション>にて収録された”プリンセス ク・リト”の存在です。
こちらのカードのおかげで2ターン目にニョグサまたはアスツァールからリソースブーストができなかったとしても3ターン目の動きに安定した行動選択を取れるようになりました。
そうして空いた枠に同じような3ターン目の行動選択肢としてデッキを掘り、次ターンの動きをより安定させ強固なものにできるこのカードを採用しています。
f:id:s-a-online-sinon:20210216115851p:plain
↑手札も切ることができるのでトラッシュも肥やせる。


また今回からアイコン枠に”絶対服従命令 アスツァール”を搭載し、OBがいる条件下においてですが先ほどのアルターブレイクからVBと同時に蘇生させることで起動効果の条件となるトークンを生成しつつ、そのトークンを破壊することでさらに後続を呼び出すことができます。
f:id:s-a-online-sinon:20210217132141p:plain
アルターブレイクによって評価が変わったらしい


展開の一例ですが上述したようにOBが盤面に存在して、アルターブレイクを行い2体展開したところから見ていきます。
ここではVB効果によってトークンも生成され、かつOB効果、VB効果によるキーの獲得なども処理し終わっていると仮定します。

f:id:s-a-online-sinon:20210216182306j:plain
↑この盤面からスタート
このタイミングでトークンを破壊することで、キーの枚数に応じて変わりますが星空を弄ぶ狡知 アスツァールを登場させ*1、さらに2体のトークンとシフトを乗せることができました。
これだけでOBを含め7面をすでに埋めることができています。

f:id:s-a-online-sinon:20210216182324j:plain

さらに手札から”涼風と氷菓子 アスツァール”を起動しトークンを犠牲にPSに着地させたり、同じくトークンを破壊して”魔性を覗かせる常夏アスツァール”を着地させたりと様々な動きを行うことができます。

対面した感想

結論から言いますとめちゃくちゃ強かったです。
これまでのように攻守共にユニバースに依存しがちなのではなく、受けの札としてユニバースを残しながら戦えるようになったことと、攻めでもユニバースを可能な限り温存しつつ展開ができるようになったことで、今までより攻守ともにかなり強化されたなという印象を受けました。
IGで今回の新規LRアスツァールが捲れただけで先ほどのような盤面を誓いのコストだけで作り上げてくると考えると恐怖でしかありません。
今後どうやって戦うか考えさせる対面でした。

今回はここまでになります。
読んでいただきありがとうございました。



当ページはブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を利用しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
(C)BROCCOLI

*1:4ターン目始動とした場合ここまでに一度”魔性を覗かせる常夏アスツァール”を起動できていないとキーが足りない可能性あり