白米のZ/X~徒然語~

白米(@HaKu_Mai25)が書き綴るZ/Xブログ。CSの参加記とかヴェスパローゼとかの緑系デッキ構築が9割。

第88回 新生マジカル

前回特別企画ってことで書いたダァ謹製の白単ミーリィ。
土曜日に公開したのですが二日間のPV数がその前に書いた僕のType記事を越えました。
中身の文章は僕が書いてるので閲覧数が増えたのは嬉しいのですが、他人のデッキを乗せたら閲覧が増えたというのはなんかうれしいような悔しいような…
少し複雑な気分の白米です。
前回のミーリィって何ぞという人は下にリンクを入れておきますので是非どうぞ。
hornet-hakumai1010.hatenablog.com

だいぶ話がそれました。
今回は先日発売の最新弾にて強化をもらった複合種族カテゴリ"マジカル"について書いていきます。
全体的な効果としてはリソースにあるイグニッションアイコンの枚数を参照し効果を発動させる”ゼロオプティマ”(以降ZO)に関する能力を持ちます。
なのでリソースにアイコンを集める効果、特定の場所でアイコンを持つ効果を多く持ちます。いかにリソースにアイコンを貯められるかが大事になるデッキです。
f:id:s-a-online-sinon:20200728103403p:plain
↑少し前に登場したスイート・マジカル リリアン。ZO5でアイコンを持ち、リソースのアイコンの数×1000パワーが上昇、リソースのアイコン2枚を山に戻し隣接ノーマルスクエアの相手ゼクス全てをリソース送りというがっつりZOに寄った効果

今回の新弾ではマジカルを含め他の複合種族にも強化が入ったのはみなさんご存じの通り。では他の複合種族同様4種の強化をもらいデッキはどうなったのか早速見ていきましょう。


【デッキ構築】
今回強化をもらって組み直したマジカルはこんな感じになります。

f:id:s-a-online-sinon:20201104130523j:plain

デッキの写真についてはつい昨日Twitterに上げたやつになります。
メインデッキに一気にマジカル名称が増えかなりカテゴリーとしては安定した動きができるようになりました。
新規のカード、既存のカード双方のマジカルが無理なく採用しやすいので4枚ずつ採用。

ヤグルマオオセイボウは後述するパステル・マジカル ミュオを踏み倒せる&リソースのアイコン枚数の維持ができるので今回採用しました。
その他に最速2T目にプリムラを踏み倒せる可能性もあります。


今回の新規カード
じゃあ追加されたカードたちは何ができるのか、簡潔にですが説明します。今回追加されたマジカルはさきほども書いたように全4種です。
ファンシー・マジカル ソフィー
f:id:s-a-online-sinon:20201028172701p:plain
登場したときにリソースを入れ替える自動効果。
3C+トラッシュのアイコンをリソースに入れることでリソースから登場する起動効果持ち。
個人的に結構評価しているカードで1T目にコレンゲから入ることができ、なおかつコレンゲが破壊されていた場合このカードをリソースから起動させることでコレンゲをリソースに入れ、コレンゲの効果*1を誘発させることが可能になります。
ターン制限も無いので出してリソに戻せば再度登場することも可能です。

グロウ・マジカル ピペリー
f:id:s-a-online-sinon:20201028172757p:plain
リソース7以上、緑2Cと手札のマジカル名称1枚をトラッシュに置きリソースから登場する効果と登場時トラッシュからアイコンを持つカードを1枚リソースに置く効果を持ちます。
手札を切るのが少し痛いかもしれませんがリソースに置きたいアイコン持ちを置けばそのままリソースに置くこともできます。
コレンゲをコストで切ってそのコレンゲを入れるなんて芸当も可能です。
このカードも同じくターン制限がありません。

ラブリー・マジカル ポルチュ
f:id:s-a-online-sinon:20201028172813p:plain
ZO参照でパワー5000、自身のスリープと緑1Cにてリソースからマジカル名称を回収しトラッシュのアイコンをリソースに入れることができます。現状回収効果は何とも言えないところですがパワー上昇効果は割と嬉しいところでもあります。
初期リソに左右されますがそれ次第ではいきなりパワー5000を投げることができます。

パステル・マジカル ミュオ
f:id:s-a-online-sinon:20201028172726p:plain
リソースとトラッシュでアイコンを得る効果。
ZO5でリソースと手札でコストが2下がり、ZO8でリソースのマジカル名称1体を自分のPSに踏み倒します。
個人的に待ち望んだリリアンの踏み倒し役です。自身もアイコンを持つ効果があるのでリソースではZO参照できるカードかつコスト軽減で4になれるのでリソースから踏み倒せる範囲が大幅に広くなります。
上述したヤグルマオオセイボウやディンギル枠だとずっと一緒に くまのもも(ニヌルタ互換)などの圏内に入ってきます。

【簡単な立ち回り】
では次は簡単な動きを書いていきます。
まず大事なのはマリガン基準です
最大の理想は
”ヤグルマorソフィー+コレンゲ+プリムラ+アイコン”ですがかなりピンポイントすぎるので妥協できる箇所として
”アイコン+2T目始動カード”ぐらいを目標にしましょう。

ゲーム開始からはいかにリソースにアイコンを貯めるかを最優先で考えましょう。あればあるほどいいですがミュオの効果を使うために必要となるZO8を最低限として目指します。

序盤プリムラをヤグルマ、タケノコなどで踏み倒し積極的に使い回してリソースにアイコンを持つカードを貯めていきましょう。もちろんソフィーやピペリーを使用してもいいのですが、使いすぎると後半で相手を叩くためのカードが無くなるので注意です。基本的にマジカルはアイコンしか入れられないのでトラッシュに落ちるとどうしても一度ビーガイストを経由しなくてはいけなくなります。

ある程度溜まればミュオを登場させ盤面を埋めていきましょう。ここではPSに立てるマジカルはリリアンとして考えていきますがルートとしては主に2つあります*2
①ヤグルマオオセイボウ→ミュオ→リリアン
②くまのもも→ミュオ→リリアン

このデッキの場合はこの2ルートがメインとなります。
①のヤグルマオオセイボウ経由の場合ディンギル権が残るので一度PSに別のマジカルを登場させてからディンギルからくまのももで別のミュオからリリアンもアリだと思います。
ただこの場合リソース総数が5ぐらい減るので一度経由するするのであればプリムラが筆頭候補かなと思います。

点の刻み方は上述したピペリーやソフィーをリソースから出して”神辣蜂姫 魔針のヴェスパローゼ”等でリソースに戻し再展開する形。
または有り余るリソースを活かしコルチメコプトを連打して殴りに行く形の2種となります。

【他採用候補カード】
・龍眼の支配者 ロンガンカギバ
リソースの枚数に応じて効果を得るパワー12000の超大型ゼクス
13枚あれば盤面のプラセクトの数だけ敵味方問わずリソース送り。20枚以上でコスト6以上のプラセクトに相手ゼクスの効果で選ばれなくなる耐性を付与します。
主に盤面除去と連パンの為の面空けに使います。
踏み倒し方法*3と準備さえクリアできれば採用は見える。
・散弾旋蛾 サムホークモス
個人的に”ワンチャンないかなー”考えてるカードです。
能力もZO3で発動するのでよっぽどが無ければ発動条件は満たせるのも◎。
こちらも除去と連パン面空け要員。
・パフュームメイカー シャボン
以前ユーディでも紹介したカード。用途はもちろん面空けなのだが今回のようなプラセクトを中心に据えた構築だとリソースに落ちると回収がほぼ効かないため採用するのであれば”プロダクションの花 ミラー”と併用したいところ。

【最後に】
というわけで今回はマジカルについて雑かもしれませんが書きました。
いざ使ってみるとめちゃくちゃな勢いでリソースのアイコンが増えるのでZO8の達成まではあっという間です。
初期リソースとその後の手札次第では早いタイミングでリリアンがライフやIGから出てくることもあるでしょう。また現時点で碧杖契騎 バジルバジル×マジカル・リリアンといった新規が公開されいまからとても楽しみなデッキとなりました。


今回はここまでになります。
次回は何を書くか未定ですのでまた適当に何か書き上げます。
それではここまで読んでいただきありがとうございました。

*1:コスト4以上のマジカルの能力で置かれた場合デッキトップをリソースに置く効果

*2:ここではリソースからの踏み倒しを想定

*3:一番簡単なのはディンギルの双斧断滅斬 マンティスバーグから出す